田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > 労働問題について、どのタイミングで弁護士に相談するか?

労働問題について、どのタイミングで弁護士に相談するか?

弁護士にいつ相談するか?

未払い給与や残業代の請求、不当解雇・退職勧奨やその他職場いじめなど、労働トラブルに関するお悩みについて、どのタイミングで弁護士に相談するべきなのでしょうか。特に決まりはありませんが、もし労働トラブルにで少しでも気になるような点があるのであれば、早めに相談することをおすすめします。

労働トラブルに対する解決方法は事案ごとに変わります。自身の労働トラブルを解決するために、どのような選択肢があるかを把握しておくことは大変重要です。また、弁護士と早い段階で話し合い、労働トラブルへの対応方針を決めておくことにより、事前準備を始めることができます。

例えば、未払い給与や残業代の請求を行いたい場合、証拠集めが重要となります。しかし、在職中と退職後では証拠集めのしやすさに差が出ます。在職中であれば入手しやすい、タイムカードの記録や就業規則も、退職してしまっては容易には手に入れることができません。

また、弁護士に相談することにより正しい知識を得られる点も見逃せません。「年俸制は残業が出ない」「見込み残業制はどれだけ残業しても定額である」と誤解されている方がいますが、そのようなことはありません。このような誤解によって、主張することができる権利をみすみす手放してしまうことは、労働者にとって大きな不利益となります。

さらに、相談のタイミングが遅かったがために、主張できた権利が主張できなくなってしまうケースもあります。例えば、未払いの給与や残業代は2年間の消滅時効があるため、タイミングによっては請求できなくなってしまう可能性があります。

このように、労働トラブルでお悩みの場合は、早めに相談した方が多くのメリットがあります。自身の正当な権利を主張するためにも、弁護士へ相談されるべきです。

もちろん、相談のタイミングが遅くなり、退職後になってしまったとしても、問題はありません。弁護士はあらゆるケースで相談を受けておりますので、その事案ごとによって最適の解決方法を提案致します。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920