田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > パワハラ(パワーハラスメント)とは

パワハラ(パワーハラスメント)とは

パワハラ(パワーハラスメント)とは

パワハラとはパワーハラスメントの略語で、職場における上下関係を利用して、労働者の人格を尊厳を侵害する言動を指します。鬱病の原因となることもあり、近年にわかに注目されております。

法律上で明確に定義されていませんが、以下のような行為がパワハラに該当する可能性があります。

  1. 身体的な攻撃(暴行・傷害)
  2. 精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
  3. 人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
  4. 過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
  5. 過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  6. 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

上記を見ると、パワハラとは「大人社会におけるいじめ」と言い換えることもできそうですね。社内の立場が悪化しないように、パワハラをされても我慢をし、結果的に精神を病んでしまったりするケースもあります。

しかし、企業において上司は部下を指導する役割を持っています。そのため、「指導」であるか「パワハラ」であるか判断することが難しくなります。

ここで、厚生労働省の定義を一つの判断軸とすることができます。厚生労働省は、平成24年1月30日の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」ににおいて、職場のパワーハラスメント(パワハラ)を以下のように定義しています。

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。-厚生労働省「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」

上司が部下を指導する中で厳しい言動をする場合はあるかもしれません。しかし、部下を叱る際に「本当にお前は馬鹿だな」「無能」といった言葉を使っていたらどうでしょう。このような言葉は部下の指導を行う上で不要な、「業務の適正な範囲を超えて」精神的な苦痛を与えている行為といえるのではないでしょうか。

上司が部下を指導することは当然ですが、適正な範囲を超えて、精神的な苦痛や職場環境を悪化させていれば、その行為は指導ではなくパワハラです。

パワハラ問題は弁護士に相談を

上述のようにパワハラと指導の境界線は曖昧であり、上司の言動がパワハラに該当するかどうか判断するのは難しい問題となります。

社内でパワハラを一人で訴えたとしても、なおさら社内に居づらくなる可能性があります。そのため、まずは弁護士に相談することによって、社内で受けている扱いがパワハラであるかどうかを判断し、その後の方針を一緒に考えていくことが重要です。パワハラを認めさせ、行為をやめさせることにより、社内環境が良くなり、さらに慰謝料等を請求することができる可能性もあります。

ずっと一人で思い悩んでいても状況は改善されません。問題を解決するためにも、ぜひ弁護士にご相談ください。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920