田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > 年俸制の場合残業代は支払われないのか?

年俸制の場合残業代は支払われないのか?

そもそも年俸制とは

年俸制を採用している企業が近年増えています。同時に、「年俸制だと残業代は出ない」と思われている方も非常に多いように感じます。しかし、これは大きな誤解です。年俸制のシステムを正しく理解すれば、年俸制でも残業代が出ることがわかるはずです。もし年俸制の会社で長時間の時間外労働をしていたら、残業代を請求することができる可能性があります。

そもそも年俸制とは、給与の金額を1年単位で決定する給与体系のことを指します。もちろん、これは1年単位で支払われること意味しません。年俸制であろうと、給与支払いの原則はあくまで「毎月1回以上の支払い」です。あくまで、年俸制は1年間に支払う給与を事前に決定することができるだけなのです。

ちなみに年俸制の場合、賞与が与えられないと思われがちですが、年俸制のもとでも賞与を与えることは可能です。例えば、あらかじめ決めた1年間の給与を14分割して、そのうちの14分の12は毎月の給与として1カ月に1回支給していき、残りの14分の2は夏冬に1回ずつ賞与として支給することが可能です。企業側からすると、あらかじめ金額を決定しておくことによって、長期の計画が立てやすいという利点が年俸制にはあります。

また、年俸制は1年単位で給与を見直すという点で、成果主義に結びつけやすい制度でもあります。年度ごとに目標を設定し、その目標の達成度に応じて、年俸を決定していくという方法を取ることによって、年齢等に縛られずに成果で給与が評価されるような賃金体系にできるという点で、成果主義を求める労働者にはメリットとなります。

年俸制における残業代

上記のように年俸制は、「1年間に支払う給与を事前に決定して、1年単位で見直すことができる」だけの制度であり、残業代が支払われなくなるようなことは一切ありません。もし、年俸制の会社に勤めていて、残業代が支給されていないとしたら、固定残業制度(みなし残業制度)が関わっている可能性があります。

固定残業制度(みなし残業制度)は、あらかじめ一定時間分の時間外労働に対する残業代を給与の中に含める制度です。しかし、このような場合でも、実際の時間外労働の時間が、あらかじめ決めておいた一定時間分の時間外労働を超えたら、その分の残業代を支給する必要があります。つまり、固定残業制度にしても、残業代が全く出なくなるような制度ではないということです。

年俸制における残業代の扱いは誤解されることが多いですが、通常の給与制度と変わらずに残業代が出るという認識で問題はありません。年俸制によって残業代支給の有無が変わることは一切ありません。

年俸制の企業で働いていて、長時間の時間外労働にも関わらず残業代が支給されていない場合、弁護士にご相談することをおすすめします。労働の対価といて残業代を請求することは正当な権利です。弁護士に相談することにより、自身の残業代を把握し、取り戻すための方針を立てることが重要です。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920