田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > 割増賃金について

割増賃金について

割増賃金とは?

割増賃金とは、時間外労働・深夜労働・休日労働をした場合に支払われる賃金のことを言います。時間外労働・深夜労働・休日労働には、それぞれ割増率が定められており、使用者は労働者に対して割増率以上の賃金を支払う必要があります。以下が割増率となります。

時間外労働 25%以上
深夜労働 25%以上
休日労働 35%以上
時間外労働+深夜労働 50%以上
時間外労働+休日労働 60%以上

上記のように、時間外労働と深夜労働・休日労働が重なる場合、それぞれの割増率が合算されます。

さらに、平成22年4月1日の法改正から、1カ月に60時間を超える時間外労働を行う場合の割増賃金率が50%に引き上げられることになりました。なお、中小企業についてはこの適用は当分の間猶予されます。

つまり、自身の割増賃金額は以下のように計算が可能です。

割増賃金額=1時間当たりの賃金額×時間外労働、休日労働、または 深夜労働を合わせた時間数×割増賃金率

1時間当たりの賃金額は、月給を所定の労働時間で割ることで計算します。ただし、以下のような手当は計算する際に除外することができます。

  1. 家族手当
  2. 通勤手当
  3. 別居手当
  4. 子女教育手当
  5. 住宅手当
  6. 臨時に支払われた賃金
  7. 1か月を超える期間ごとに支払われる賃金

サービス残業は弁護士に相談を

サービス残業によって割増賃金が支払われないケースが現在問題となっております。全く支払われないケースもあれば、残業時間の上限を定めてそれ以上は支払わないというケース等、様々です。

年俸制・見込み残業制等が理由とされることがありますが、このような制度でも残業等による割増賃金は発生します。未払いの理由を会社からいろいろ説明されるかもしれませんが、残業をしたら基本的に割増賃金は発生します。

もし残業をしているにも関わらず、割増賃金が支払われない、もしくは全額支払われないということがあれば、まずは弁護士にご相談ください。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920