田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > 固定残業代とは?

固定残業代とは?

固定残業代とは

固定残業代とは、一定時間分の残業代をあらかじめ給与に含めておく制度を意味します。みなし残業代や定額残業代とも呼びます。例えば月給25万円の内訳として、「基本給20万円・固定残業代5万円」というように、あらかじめ残業代を給与に含めます。

固定の残業代ですので、例え残業時間がゼロだとしても、固定残業代分を支払う必要が雇用主側にあります。また、あらかじめ定めていた残業時間を超えた残業を行った場合、その分の残業代も支払う必要があります。

雇用主側がこのような制度を導入する理由として、残業代計算の事務処理が簡単になるということが挙げられます。また、採用の際に、月給を多く見せられるという利点も考えられます。

一見、労働者側にはデメリットがないように思えますが、そもそも固定残業制度は労働基準法によって特別に認められた制度ではなく、それぞれの会社が労働条件としてあらかじめ就業規則等に定めているのです。そのため、「いくら残業しても残業代は固定」というような独自のルールを設けているような会社もあります。そうなると、労働者にとってはサービス残業が増えるだけの制度となってしまいます。

固定残業制度におけるサービス残業

上述したように、固定残業制度を導入したとしても、あらかじめ定めていた残業時間を超えた残業については、残業代を支払う必要があります。「いくら残業しても残業代は固定」というルールを会社が設けており、そのことに労働者が合意していたとしても、です。

もし固定残業制度を導入している会社で働いており、長時間の時間外労働が発生している場合、それはサービス残業となっている可能性があります。固定残業制度はあくまで、一定の時間外労働分の残業時間をあらかじめ給与に含ませるだけであり、どれだけ残業をしても残業代が固定になるわけではないのです。

サービス残業をしているのであれば、その分の残業代は通常であれば支払われるべきです。そのため、弁護士に早めに相談をして、残業代の回収を目指すことをおすすめします。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920