田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > 法定労働時間と所定労働時間の違い

法定労働時間と所定労働時間の違い

残業代を計算するために知っておきたい違い

残業代を計算するときに、法定労働時間と所定労働時間の違いを知っておく必要があります。

そもそも、「残業」という言葉にも様々な使い方がありますので、今回は「時間外労働」と「法内超勤」という2種類に区別をしたいと思います。

まず、「時間外労働」とは、法定労働時間を超える労働のことを指し、超えた分の労働時間に対して割増賃金が発生します。しかし、法定労働時間と所定労働時間は必ずしも一致しないので、所定労働時間を超えた労働が時間外労働に該当するとは限りません。

一方で、「法内超勤」とは、法定労働時間を超えない残業のことを指します。法定労働時間を超えていないのに「残業」というと不思議に思うかもしれませんが、「所定労働時間」に関連してくるので、ひとまずは頭の中に入れておいてください。

以上を理解したうえで、「法定労働時間」と「所定労働時間」の違いについて説明します。

法定労働時間

法定労働時間とは、法で定められている労働時間のことを指します。

労働時間については、労働基準法で規定されており、「原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない」とされています。ただし、休憩時間は除くことにご注意ください。
※商業、映画・演劇場、保健衛生業、接客娯楽業で、事業場の規模が10人未満の場合は、「1週間に44時間を超えて労働させてはいけない」と規定されています。

つまり、時間外労働の時間は以下の二つを合計することにより求めることができます。

  1. 休憩時間を除き、1日8時間を超えて労働した時間
  2. 休憩時間を除き、1週40時間を超えて労働した時間(1.の時間は除く)

例えば、以下の具体例から時間外労働の時間を計算してみましょう。
月曜日:労働時間9時間
火曜日:労働時間7時間
水曜日:労働時間10時間
木曜日:労働時間8時間
金曜日:労働時間8時間
土曜日:労働時間5時間
まずは、1日8時間を超えて労働した時間を計算すると、月曜日に1時間、水曜日に2時間、計3時間の時間外労働が発生していることがわかります。

次に、1週間40時間を超えて労働した時間を計算します。この際、先に計算した3時間は抜いておくことにご注意ください。そうなると、月曜から土曜で計44時間(先に計算した3時間は抜いてあります)の労働を行っていることになります。1週間の労働時間は40時間と決まっていますので、4時間の時間外労働を行ったことになります。

そして、二つを合計すると、この週は合計7時間の時間外労働が発生したことになります。

もっとも、変形労働時間制、フレックスタイム制など、労働時間制度によって計算の方法が異なりますので注意が必要です。

所定労働時間とは

所定労働時間とは、使用者ごとに設定されている労働時間を指します。

法定労働時間によると、一日の働く時間は8時間を超えてはならないとされています。逆に言えば、8時間以内であれば問題はないので、労働時間を7時間と定めても、7時間30分と定めても問題はありません。このように、使用者ごとに設定している労働時間を「所定労働時間」と呼ぶのです。

所定労働時間は法定労働時間と一致している必要はないのです。

ここで残業代を計算する際に注意する点があります。

例えば、1日7時間を所定労働時間と定められている場合に、もし8時間労働した場合はどうなるのでしょう?

所定労働時間を1時間残って業務を行っているので、「残業」していることにはなります。しかし、法定労働時間を超えた労働ではないので「時間外労働」には該当しません。このような場合の労働は、「法内超勤」といいます。

時間外労働と法内超勤は、残業代計算の方法も異なります。時間外労働の場合は、割増賃金が発生しますが、法内超勤の場合には発生しません。もちろん、「割増」にはならないだけで、残業した分の賃金自体は発生します。

自分の残業はどっち?

会社から残業代が支払われず、残業代請求を考えている方は、まず自分の残業が「時間外労働」なのか「法内超勤」のどっちに該当するかを把握する必要があります。そのためには、まず、就業規則などで会社の所定労働時間を確認します。

所定労働時間と法定労働時間の違いを理解することにより、自身の残業代を正確に把握することができますので、ぜひこの違いは覚えておきましょう。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920