田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > 未払い残業代請求に必要な証拠資料

未払い残業代請求に必要な証拠資料

残業代請求には証拠が必要

残業代を請求するにしても、証拠がなければ残業があったことを立証することはできません。それでは、どのような証拠が残業代請求の際に必要になるのでしょうか。

残業があったことを立証することができれば、どのような資料・証言でも証拠にはなります。ただし、残業があったことを客観的な第三者でも明らかに分かるような証拠の方が、証拠としての力が強いということは念頭に入れておく必要があります。

証拠の具体例

残業代請求において、証拠となり得るようなものは多々あります。そのため、残業の証拠に少しでもなりそうなものがあれば、記録として保管しておくことをおすすめします。

残業があったこと示すには、日々の退勤時刻がわかることが一番です。そのため、タイムカードや日報などは残業を立証する証拠として強力となります。

その他にも、定時以降も働いていることを示す、会社メールアドレスからの送信履歴、会社パソコンのログイン・ログアウト情報、FAX履歴なども証拠として有用と考えられます。プライベート携帯からのメールで、「これから帰る」といった内容のものも証拠として考えられます。

手帳などにメモをするという手もありますが、改ざんも可能なため、証拠能力としては低くなってしまうことも事実です。それでも証拠として残すことにはもちろん意味はあります。

また、同僚の証言、取引先の証言、家族の証言も証拠になり得ます。

証拠はここで挙げたものには限定されません。第三者から見て残業があったことを示すことができれば良いので、他にも強力な証拠があれば、集めておくべきです。

さらに、もし実際に残業代請求を行う場合、弁護士が裁判所を通じて使用者側にタイムカードといった証拠の開示を求めることもできます。残業代請求を行おうと考える際には、労働事件に精通している弁護士に相談して、残業代をしっかりと回収しましょう。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920