田園都市線池尻大橋駅より徒歩1分 運営:アジアンタム法律事務所

労働問題弁護士相談.com労働問題弁護士相談.com

受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920

お問い合わせ

TOP > 在職中に残業代を請求することができるか?

在職中に残業代を請求することができるか?

在職中の残業代請求

残業代の請求は現在就業中の会社に対しても行うことはできます。例え、在職中に残業代請求を行ったとしても、会社は労働者に対して不利益な取り扱いをすることはできません。

しかし現実には、残業代請求を行うと、本人の気持ちとしても会社に居づらく感じる可能性があります。

在職中に残業代請求を行うことは可能ではありますが、行うべきかどうかは個別のケースによって異なります。もし、既に退職を決意している会社であれば、残業代請求を行っても問題はないと思いますが、どのタイミングで残業代請求を行うかは慎重に検討する必要があります。

ただし、在職中に残業代請求の下準備を始めること自体は、退職後の残業代請求を速やかに実行するために有用と言えます。

なぜなら、在職中の方が残業を立証する証拠を集めやすいからです。タイムカードはもちろん、会社PCのログイン記録、送受信した電子メールの記録、社内のホワイトボードなどに記した退勤時刻、さらには会社内に掛けられている時計まで、証拠になり得るものが在職中の方が集めやすいことは明らかです。

もちろん、弁護士への相談タイミングも、在職中の方が証拠集めに関するアドバイスがしやすくなります。

それに、残業代請求を行ったとしても、即時に請求が認められるとは限りません。退職後の収入が既に確保できている場合ももちろん、もし確保できていないのであればなおのこと、準備をあらかじめ行い、速やかに請求することをおすすめします。

TOP
受付時間:月〜土10時〜20時 0334870920